エッセイ

  本の世界に浸るとき、人はいつだって自由になれる。   毎日に手一杯なときや、時間が全くないわけではなくても心が忙しいときは、本はただの文字の羅列か、消費するだけのものになってしまうけれど、 定期的 […]